飲む日焼け止めサプリが今人気!

今、飲む日焼け止めサプリが大人気です!人気の理由とは!? - 塗る日焼け止めとの違い

塗る日焼け止めとの違い

日焼け対策をするにあたっては、肌に直接塗るタイプの日焼け止めが一般的かと思います。
最近ではそれに対して、飲むタイプの体の内側から作用する日焼け止めが注目されてきています。
塗るタイプの日焼け止めと、飲む日焼け止めでは効果にどのような違いがあるのでしょうか。

内側か外側か

塗るタイプの日焼け止めは、肌に直接塗り込んでいくことになるので、これは紫外線対策になるとわかりやすいと思います。
たとえば紫外線が肌に与える影響としてよく知られているのは、メラニンによって肌にしみができてしまったり、しわになるということですよね。
飲むタイプのものは、体の内側から作用するということは何となくわかりますが、それが本当に効果があるのかについては疑問を感じてしまうかもしれません。
ですがもちろん、飲むタイプの日焼け止めでもしっかりと体に対して紫外線に対しての防御力を付加してくれるメカニズムを持っています。

紫外線は肌に対してだけではない

実は紫外線が肌にメラニンによる影響を与える原因は、肌に直接紫外線があたったときだけではありません。
目で紫外線を受けてしまったときも、肌に対してメラニンによる影響が生まれてしまうことが知られています。
そして、こういったメラニンによる影響は、体の内側から生まれてくるものですので、塗るタイプの日焼け止めだけでは完全に防御をすることはできなくなります。
そこで、体の内側から紫外線に対して強い体を作っていこうという考え方のもと生まれたのが、飲む日焼け止めサプリメントなのです。
飲む日焼け止めには、肌にダメージが生まれてしまう原因である活性酸素の活動を抑制するような成分が含まれているため、体の内側からの紫外線対策になるのです。

併用をしても大丈夫?

飲むタイプの日焼け止めを使ってみたいという人にとって、気になることは同時に使っても大丈夫か、ということではないでしょうか。
塗るタイプも飲むタイプも、どちらも紫外線に対しての防御力を高めるものなので、併用してまずいということはありません。
飲むタイプで内側からの防御力をつけ、塗るタイプで外側からの防御力を高めることで、双方向からの紫外線対策になります。
外側だけのケアでは不十分だったという経験のある人もいるかと思いますが、そこで飲むタイプの出番なのです。
確実に日焼けを避けたいという人にとっては、両方を同時に使うことで万全を期すことも可能ですので、日焼けが気になる時期には使ってみましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »