飲む日焼け止めサプリが今人気!

今、飲む日焼け止めサプリが大人気です!人気の理由とは!? - 飲む日焼け止めの成分について

飲む日焼け止めの成分について

日焼け止めをするなら肌に塗るタイプのものを思い浮かべる人が大半かと思いますが、ここ最近では飲む日焼け止めが一般的になってきているようです。
実は海外のほうでは数十年にわたる歴史があったりと、実はかなり前から使われ始めていたもののようです。
飲むタイプのものは、いったいどのような成分で紫外線対策を実現しているのでしょうか。

そもそも塗るタイプの日焼け止めとは

まず、そもそも塗るタイプの日焼け止めが、どのようなメカニズムで紫外線対策を実現しているかご存知でしょうか。
肌に塗ることで、肌が紫外線を受けないようにしてくれる、という何となくのイメージがありますよね。
塗ることによって、紫外線吸収剤の科学変化によって紫外線を離散させてしまうか、散乱剤の効果によって紫外線を反射させてしまう、という効果を得られます。
直接的に肌に紫外線があたることを避けることによって、肌へのダメージを防いでくれているのですね。
飲むタイプではこういった効果を得ることが当然できないので、肌には紫外線があたってしまい、ダメージになるような気がしてきます。
しかし、それでも飲むタイプの日焼け止めが効果があるのは、そこに含まれている成分にポイントがあります。

飲む日焼け止めの成分と効果

飲む日焼け止めに含まれているのは、植物や果物、野菜などから抽出される、自然由来の成分が主になります。
化学物質ではなく自然由来なので、体への影響も考えにくく、安心して紫外線対策ができるようになるのですね。
もちろん、その人の体質によって合う合わないが当然出てきますので、使用をする際はじっくりと製品を検討する必要があります。

塗るタイプよりも安全かも

飲む日焼け止めは海外では既に一般的であり、多くの臨床試験が行われ、データも豊富に取得されています。
そして、実際に皮膚科においてもこのタイプの日焼け止めが取り扱われることがあったりと、れっきとした信頼できる日焼け止めとして認知されているのです。
塗るタイプでは化学変化を使って紫外線を離散させることになるので、そこに含まれている成分が肌と合わず、塗ることによってかえってダメージになってしまう、という本末転倒なケースもあるようです。
飲むタイプならばこういった肌への影響は考えにくいので、重宝されるようになっているのかもしれません。
日焼け対策はしておきたいけど体質的に肌と合わない製品が多かった、という人向けに、塗るタイプの日焼け止めはおすすめできます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »