飲む日焼け止めサプリが今人気!

今、飲む日焼け止めサプリが大人気です!人気の理由とは!? - 飲む日焼け止めは安全か

飲む日焼け止めは安全か

日焼け止め対策をより確実にするための、飲む日焼け止めに注目が集まってきています。
これまでの塗るタイプの日焼け止めと併用することでより高い効果を得られる飲むタイプの日焼け止めですが、使うに当たってはやはりその安全性が気になりますよね。
日焼け止めを選ぶにあたって、その安全性を確かめる基準としては何があるでしょうか。

飲む日焼け止めは肌にとって安全なのか

飲む日焼け止めは、紫外線によって生まれるメラニンの影響から、肌を守るために有効な成分が含まれています。
これを摂取し続けることによって、肌の防御力を高めて、肌にしみやしわが生まれてしまうことを防げるようになります。
こういった防御作用のために有効な成分として、臨床試験でその性能が証明されているものはいくつか存在しています。
国内製品と海外製品で、使われている成分も異なってきますので、自分の体質に合わせてサプリメントを考える必要があります。

飲む日焼け止めの主要成分とは

たとえば海外製品の場合では、飲む日焼け止めに使われている成分として、PLエキスというものが含まれていることが多いです。
これはシダ植物由来の成分であり、効果は実証されていますが、アレルギーや副作用が報告されているケースも多いようです。
そのため、日本人がこの成分が含まれている製品を使用するときには注意が必要になるかもしれません。
海外の人の体質的にはまったく問題がないものであっても、日本人が使うと思わぬ副作用を招く、ということもあり得ることだからです。

飲む日焼け止めによる健康被害は

国産の飲む日焼け止めの場合、「ポリフェノール」や「ビタミン」などの抗酸化物質が主成分として含まれていることが多いです。
こういった成分が主である場合は、副作用であったり健康被害に対して特に神経質になる必要は少なくなってきます。
これは果物や野菜から抽出された自然由来の成分ですが、場合によってはこれが害になることもあります。
具体的には、妊娠中であったり授乳中の女性など、または高血圧などの症状がある場合には、安全であることが大半の自然由来の成分でも、副作用になる場合があるのです。
自分が使おうと思っている日焼け止めについて、まずはその成分を確認してみましょう。
日焼け止めにも様々な種類がありますので、それぞれの製品で含まれている成分も様々です。
体質的にその成分を使用しても問題ないかどうかについては、医師に一度相談をするほうが確実です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む